読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

倒産すると思う会社に勤めるサラリーマン

倒産するのはこんな会社です

夢みたいな話はない⑧

こんな会社は潰れます~その147 さて、詐欺集団のメリットとして、手数料を取る、というものがあると前述しましたが、それはどんなものでしょうか? まず、最初にわずか2万円で宝くじに当たるかもしれないという権利を買う 続いて、色々な審査があるわけ…

夢みたいな話はない⑦

こんな会社は潰れます~その146 前述しましたが、 前回は3番目に審査が開始されるはずでしたが、1社のみ審査が通ったため、次回に持ち越されました ↓ 次は、というと、なんだかんだ理由をつけて、審査が開始されません ↓ 何回かのやりとりのうち、よう…

夢みたいな話はない⑥

こんな会社は潰れます~その145 とにかく、うちの会社まで審査が開始されるまでに、たくさんの行程が用意されているようなのですが、当然ながら、 最初に説明はされていません 最近になって、少し詳しく聞くと、様々な行程が50くらいあった、と言います …

夢みたいな話はない⑤

こんな会社は潰れます~その144 傍から聞けば、すべて怪しいと思うことばかりですが、一旦信用してしまうと、なかなか疑いをかけなくなります あくまでも宝くじ感覚なのです 詐欺師の上手いやり方なのかはわかりませんが、 『30社ほどエントリーされて…

夢みたいな話はない④

こんな会社は潰れます~その143 さて神風なんて吹くはずもなく、騙されている、というのはどういうことか?というと、 なんだかんだで手数料を取られていることなんです その額、約800万円!!(推定) …どうしてこんなことになったんでしょうか? 本筋…

夢みたいな話はない③

こんな会社は潰れます~その142 実際は借金が膨らんでいるのですが、本来なら、本業で儲けを出し、借金の返済をしていくのが筋です しかし、以前お話したとおり、運転資金がショートしているのか、借入金の返済原資がショートしているのかわからない状況…

夢みたいな話はない②

こんな会社は潰れます~その141 『社長、騙されてますよ!!!』と思うところですが、なんせ資産の流動化なんてわかるようなわからないような話をするもんだから、 もし、本当だったら、うまくいった時に仕事がしずらくなると思い、黙るしかないという心…

夢みたいな話はない①

こんな会社は潰れます~その140 さて以前、資産の流動化の話をしました 一般的にはどうあれ、うちの会社の場合、目の前の運転資金が不足しているので、 ホテルを一部売却して、投資家に対し、家賃のようなカタチで利回りを保証する、というものでした し…

同族なら身内同士は仲良くしないと大変なことになりますよ⑦

こんな会社は潰れます~その139 社長と副社長同士は仲が悪いわけではないのですが、 会社の発展のために、どういう会社を作っていくかを真剣に考えていくうえで、 特定の役員によって、情報源が限定されていることに気付かず、結果として、大事な人事権を…

同族なら身内同士は仲良くしないと大変なことになりますよ⑥

こんな会社は潰れます~その138 新卒の社員の初任給が他社より高い、といってもせいぜい1万、2万の話なので、 中途採用の社員の給与水準はさらに低いわけです すると、どうなるかというと、 中途採用の社員を昇進させるしかなくなります ここで、新卒社…

同族なら身内同士は仲良くしないと大変なことになりますよ⑤

こんな会社は潰れます~その137 役員さんたちの給料は、目いっぱい高く設定している状況のなか、 『儲かっているのだから、こいつらの給料を上げなくてはならない』 となります とんだ勘違いなのですが… まず、儲かっていないのに、『借金して出店して、…

同族なら身内同士は仲良くしないと大変なことになりますよ④

こんな会社は潰れます~その136 さて、社長の将来的な人事を踏まえての独断で決めた給与体系と、現実に即した給与体系を望む役員のなかでの攻防が始まります 副社長は新卒社員とは接点がなく、情報も中途社員からの報告しかなかったために、 『中途採用の…

同族なら身内同士は仲良くしないと大変なことになりますよ③

こんな会社は潰れます~その135 全社員の給与を知るに至った担当役員たち… 僕の個人的な感覚ですが、会社には何部門かあり、同じ社内といえども、 給与体系は微妙に違って当然だと考えます 特にうちの会社の場合は、赤字のホテルを買い取った経緯もあり、…

同族なら身内同士は仲良くしないと大変なことになりますよ②

こんな会社は潰れます~その134 ちょっと変わっていますが、社長と副社長の2人がワンマンなうちの会社 なんとか自分たちに権限が欲しい残りの役員たち… 残りの役員がとったこととは、 『店長や支配人は自分の部下の給料も知らない、それぐらいの権限がな…

同族なら身内同士は仲良くしないと大変なことになりますよ①

こんな会社は潰れます~その133 最近思いだしたのですが、うちの会社がおかしくなった理由のひとつとして、 社長と副社長との関係を一部役員にうまく利用された ことがあります これまで、あまり深く述べなかったのですが、うちの会社は、長男の社長と次…

戦術・戦略・政策とは

こんな会社は潰れます~その132 ボーナスがあるときの話で、今でもあるとは思いますが、事業主向けにボーナス支給のための融資もあって、うちもそれを利用していました 結局、それも調達できず、現在までボーナスが出なくなっているわけですが… そもそも…

そもそも何故儲からないのか

こんな会社は潰れます~その131 ボーナスがいつから出てないんだろう? もういつからかわからなくなりました… 11年くらいでていないような気がします… こんな潰れそうな会社に長くいると、入社時は、『社会人はすごい人ばかりなんだ』と考えていた自分…

成功したのは誰のおかげ⑳

こんな会社は潰れます~その130 結果として、我々の意見を受け入れず、一部のお客さんの意見のみを中途半端に受け入れ、職人の誇りであるこだわりも忘れてしまったお店は、 閉店するしかありません こっそりと、今月の2月末で閉店してしまいました… タラ…

成功したのは誰のおかげ⑲

こんな会社は潰れます~その129 さて、この元社員が、空いている部分を有効活用して少しでも売上増進に繋げたいと思った取り組みは、 カラオケルームあります、のうたい文句でした 店舗は実は2階建てで、外観は喫茶店風 飲食店をやるなら宴会需要が取り…

成功したのは誰のおかげ⑱

こんな会社は潰れます~その128 店舗イメージと料理内容が合わないだけでなく、 味もお客さんに言われるがままにコロコロと変え、 こだわりもなくなった、ただ塩辛く、安いだけの店になり下がってしまいました ディナーメニューにはこだわりの品を何品か…

成功したのは誰のおかげ⑰

こんな会社は潰れます~その127 前回の反省を生かすべく、惣菜だけでは無理と考え、和食とラーメンを出す店で、心機一転、出店した元社員ですが、 思ったようにお客さんが入らないので、急速に迷走していきます 一度、店に行ったことがあると、前述しまし…

成功したのは誰のおかげ⑯

こんな会社は潰れます~その126 続いて、新店舗のメニュー構成です 前述の立地条件から、深夜帯の交通量が少ないため、ラーメン店の立地としては不向きだったのですが、 店主はやっぱり、ラーメン店ではなく、和食の店にするのです 立地がどうこういうの…

成功したのは誰のおかげ⑮

こんな会社は潰れます~その125 元社員が場所を変えて再度出店しましたが、売上は… 半分以下の200万円に満たなかったと思います 元々300万から400万円くらいあったラーメン店を、借金して店を改装し失敗、家賃も払えなくなり、黙って家賃の安い…

成功したのは誰のおかげ⑭

こんな会社は潰れます~その124 元社員のさらなる裏切りとは… 現状の店舗を閉めて、新たな場所で店舗を出店するということです 家賃も何カ月か滞納しているのに…です 通常ならば損害賠償請求、といった状況ですが、 今までのうちの甘々な対応をみてもわか…

成功したのは誰のおかげ⑬

こんな会社は潰れます~その123 人に感謝や助言を求めず、リニューアルに失敗した元社員 惣菜店のままの外観で、急遽、ラーメンを復活させるも、深夜の時間帯は閉めたままなので、三分の一の売上は捨てているので、 月商100万円に満たなかったと思いま…

クレームはチャンスなのか

こんな会社は潰れます~その122 リニューアルオープン前にまわりの意見を受け入れる余地がなかったため、大失敗した元社員のお店ですが、 傲慢になっていることに気付かないことも問題ですね 僕らの会社も一般のお客さんの意見を真に取り入れたらいいのか…

成功したのは誰のおかげ⑫

こんな会社は潰れます~その121 元社員が失敗した店舗改装に関して、店構えが問題でした まず、店名、『○○惣菜店』というものでした これ自体、というか惣菜店が悪いという意味ではありません 実際、 京料理のおばんざいをテーマにしていたので味もよかっ…

看板は大切です

こんな会社は潰れます~その120 お店が失敗する理由には前回述べた以外にもあります 第一に、お客さんにわかりやすい店名・看板でないといけない もちろん、店構えというか、店のコンセプトと料理が想像できるモノでないと売れませんが… 最近見た中では、…

給料日は守りましょう

こんな会社は潰れます~その119 消費税を納めていないことが判明したうちの会社ですが、固定資産税も滞っています これから、どうするんだろう、って思うところですが、それは置いておいて… 3月の給料振込日が1日遅れました …これもまあ、今に始まった…

消費税はノーマークだった

こんな会社は潰れます~その118 久々に現会社の話題です 最近書かなかったのも、相変わらず状況がよくないからであって、会社は悪くなる一方です 最近わかったんですが、どうやら、 消費税を滞納していることが判明しました(僕調べ) 税務署が最近来てい…

成功したのは誰のおかげ⑪

こんな会社は潰れます~その117 商品コンセプトを変更してしまったため、売上が激減しまった元社員のお店 ハッキリ言って何をしてもダメなんですが、もう少し、ダメ出しをします 営業時間の変更です 以前、長い営業時間がネックとなり、十分な労働環境が…

目的客とながら客

こんな会社は潰れます~その116 ちょっと話はそれますが… よく、たまたま通りかかったお店に入った、とか聞きます 僕の持論ですが、お客さんって、海に泳いでいる魚みたいなものだと思っています お店の人は釣り針に餌をつけて、お客さんが餌に食いつくの…

成功したのは誰のおかげ⑩

こんな会社は潰れます~その115 さて、彼のお店が何故失敗したのかというと、 まず、お客さんのことを誤解していた、ということです 彼は完全に、『お客さんは自分のお客さんだと思い込んでいて、多少無理なことを言ってもわかってくれる』とでも思ってい…

成功したのは誰のおかげ⑨

こんな会社は潰れます~その114 元社員のラーメン店は、総菜専門店に生まれ変わります テイクアウト専門ですが、店内で好きな惣菜をチョイスして食べることができるというコンセプトのお店です 経営の才能があると思い込んでいる元社員は、銀行への収支計…

成功したのは誰のおかげ⑧

こんな会社は潰れます~その113 この元社員は和食の料理人なので、ラーメンだけでは物足らず、ディナータイムを中心に総菜というか、副菜の提供もはじめます ラーメン店でこういった料理を提供するところは少なく、たまたまでしょうが、ラーメン居酒屋風…

成功したのは誰のおかげ⑦

こんな会社は潰れます~その112 さて、少しづつ雲行きが怪しくなってきたと思いますが、まだまだ元社員の店は順調でした うちのお店には、クラスターと呼んでいますが、ひとつの広い土地に複数の店舗を作り、相乗効果を期待したものがあります 全てを自社…

成功したのは誰のおかげ⑥

こんな会社は潰れます~その111 前回、営業時間が長くて問題だと言っていますが、 長けりゃいいってもんじゃありません 営業時間というのは、立地や料理内容によって変わります 例えば失敗していた例として、 モーニングの専門店が夜の営業をして、お客さ…

成功したのは誰のおかげ⑤

こんな会社は潰れます~その110 さて、この元社員は、ラーメン店を営んでおりましたが、1つ問題があって、 売れる時間帯を自分で選べません もちろん、ラーメン店だけでなく、立地条件によって売れる時間帯は違います この店は、いわゆる郊外型で、幹線…

成功したのは誰のおかげ④

こんな会社は潰れます~その109 お店を開業して成功するには、偶然と必然、いろんな要素があります うちの社員のなかで、数少ない成功だった例をあげましょう だったというのは、途中までは成功していたということです うちが運営している中の店にテナン…

詐欺師とか冤罪の人たちの心理を考える

こんな会社は潰れます~その108 ある悪い状況で長いこと追い込まれると、おかしくなってしまうと思うのですが、ちょっと、別の面から話したいと思います これも、独自の考え方で、特に心理学などを勉強しているわけではないので、鵜呑みにしないでくださ…

追い込まれた人間の言動は理解に苦しむ

こんな会社は潰れます~その107 うちの会社の話 全く改善の余地が見られないまま、いたずらに日々が過ぎて行っています 会議で、人手不足の話になり、いつも社長は『人は集まるのか?』と気にしています 社員A『都会のコンビニでは外国人労働者ばかりです…

ヤマト運輸の対応に思うところ

こんな会社は潰れます~その106 過重労働ということで、大きな問題となったヤマト運輸さんですが、業界トップとしての動きは素晴らしいと思います ただ、気に入らないのは、 IT化が進み、どこにいても仕事ができるようになったスマートな時代の中で、結局…

成功したのは誰のおかげ③

こんな会社は潰れます~その105 広告宣伝も大切ですが、どんなコンセプトのお店にするのかも大切ですね 立地によって、メニュー構成や客単価など、考えなくてはいけないことが多々あると思うのですが、職人さんというのは思いが強すぎるのか、 立地や店舗…

成功したのは誰のおかげ②

こんな会社は潰れます~その104 うちの会社も、今やいつ潰れるかという状況になっていますが、元々はそうじゃなかった だから、この立地ならこの商売が成り立つと、きちんとしたコンセプトをもって取り組んでいたこと、本業の業績が好調だったため、借入…

成功したのは誰のおかげ①

こんな会社は潰れます~その103 知人の飲食店が閉店しました 知人と言っても、元社員で、勘違いして独立するも失敗する人ばかりでしたが、この人は数少ない成功者でした なんだかんだと10年くらいは営業していたのですから そもそも、何故、独立するの…

温度管理の考え方も変わった?

こんな会社は潰れます~その102 温度管理はビジネスとしても大事だと述べましたが、最近は少し変わってきました 一昔前ならどうだったでしょう? 冷房って、どこへ行っても、むちゃむちゃ寒くなかったですか? 冬は冬で暖房が強くてカラカラだったり… エ…

温度管理も経営者の仕事②

こんな会社は潰れます~その101 温度の話でしたが、もうちょっと余談です 創業者の息子がどうしたのか、ということですが、 実力うんぬんは別として、当然、一部門のトップになれるわけです 当時のダイエーは、GMS、TS、HP、と3つの部門に分かれていて、…

温度管理も経営者の仕事①

こんな会社は潰れます~その100 温度管理というと、僕の知っているダメダメな話があるので記します 現在はイオンの傘下となりましたが、ダイエーの話 なぜ、このようになったかというと、ピーク時の売上が1兆円あったにもかかわらず、経常利益が100億…

老害と温度管理

こんな会社は潰れます~その99 皆さんの事務所の温度設定って誰が決めているでしょうか? 大体はその部署で一番偉い人ですね その人が寒がりであれば、事務所は暑いし、今の時期、我慢強い人であれば、寒いですね うちの会社には会社全体でコントロールす…

会議より大切なもの

こんな会社は潰れます~その98 さて、前回、部門の会議を堂々とサボって、出張にでかけたある役員ですが、帰ってきて、別の会議に出席したときの話です フードショーで主に食材の新規調達、また、厨房機器の紹介など、意味のあるものに思えますが、問題な…