倒産すると思う会社に勤めるサラリーマン

倒産するのはこんな会社です

潰れそうな会社なのに偉そうにする役員

こんな会社は潰れます~その17

 

 

持論ですが、

ボーナスが出ないような儲かっていない会社でも、従業員に対して、社長は無意味に謝ってはいけないと思うのです

 

 

これは、偉そうにするという意味ではなく、良くも悪くも責任を持って社長業を全うしてほしいからです

 

謝っている暇があるなら、次はどうするとかの具体的な考え方を聞きたいと思うのです

 

嫌なら会社を辞めればいい、それだけなのですから

 

 

 

 

 

ところが、うちの会社は、

 

社長は、謝りもしなければ、楽観的な曖昧なビジョンしか語りません

リーマンショックのせいで、とか、何かのせいにする

 

担当役員も、

事業部のトップは、社長が何もしないから、自分が頑張っている、悪いのは借金が多すぎる会社だ

 

財務担当は、社長が事業で失敗した尻拭いをなぜ、自分がしなければならないんだ、と努力することなく、経費管理を事業部へ丸投げ

 

コネだけの役員(笑)は、社長は全然言うことを聞いてくれない、自分ならできるのにと、何の具体例も示さず、見当違いのことを言うだけ

 

 

 

これがうちの役員です…

 

どんな理由があるにしろ、役員である以上、利益が出ないことに関して、責任を取らないまでも、

 

反省をし、どうやったらよくなるか、真剣に考えなければならないでしょう

 

 

 

なのに、うちの会社の役員は、どいつもこいつも、反省しない…

 

なぜ、自分はよくやってると思考を転換できるのか?

 

 

うちの役員は、潰れそうな会社なのに、偉そうにしている

 

 

自分に甘く、人に厳しいので、社員にはきついことを言う

 

 

 

 

 

では、なぜ、社員は従うのか? 不思議でなりませんね

 

それは、イエスマンを幹部に従えているような、腑抜けな社員しか残っていないからです

 

 

そして、もうひとつ…

  

役員たるもの、誰かはしっかりと会社が発展するように頑張っているだろう

 

という完璧な誤解、というか間違った信頼です

 残念ながら、うちの会社には、そのような役員はいませんでした

 

サラリーマンというものは、役員の誰かはまともに違いないと思いますよね

 

 

 

では