倒産すると思う会社に勤めるサラリーマン

倒産するのはこんな会社です

幹部社員だって人間だから

こんな会社は潰れます~その33

 

役員が思いつきで行動すると、幹部連中もたまったものではない

 

 

すると、幹部連中は情熱を失って、何も文句を言わなくなるのです

それも、社長が社長として機能していないからです

それでも、役員のほうがマシだという雰囲気があるのです

 

 

 

 

幹部連中は売上が下がる中、役員から人件費や経費をカットすることで、利益は確保しろ、という無理難題に果敢に挑みますが、限界があります

 

 

 

 

それなのに、

アルバイトの時給は上げる、新入社員は雇う、という会社の方針があり、

わかっているけど、従えないとなります

 

 

だって、昇給もないし、ボーナスも出ないのですから…

ただ、一部の人間は役員の好き嫌いで昇給していますが(笑)

 

 

 

すると、どうなるか?

新入社員を大切に扱わなくなります

会社の活性化のためには、人を雇い続ける、これは会社存続のための使命ですが、

 

 

会社存続の不安感が、長年続く中、こんなのはきれいごとにすぎません

 

 

仕方ないことですが、

アルバイト以上の使い道があれば、労働力として教育するだけで、社員として教育はしなくなります

 

夢を持って入社した新入社員に対して、会社をディスることも当たり前です

 

 

 

本来の幹部社員の役割は、新入社員に、会社のダークな部分は見せず、すくすく育てることが重要なんですけど、

 

『ボーナス出ないからさっさと辞めろ』

とある種のやさしさなのか、辞めるよう仕向けます

 

 

幹部連中にとっては、

人件費も下がるし、前途有望な若者の芽を摘まなくてもよい、という一挙両得に感じているかもしれません(笑)

 

 

 

こうして、社長や役員の思いとは裏腹に、

従業員が従業員を大切にしない風土が完成していくのです

 

 

 

 

では