倒産すると思う会社に勤めるサラリーマン

倒産するのはこんな会社です

ボーナス出ないけど②

こんな会社は潰れます~その35

 

あらかじめ言っておきますが、今回にいたっては…

ボーナスが出ていた時の話です

 

 

 

 

 

 

その時からいいかげんだったんですけど、まず驚きなのが、

ボーナスを借金までして払っていたのです

 

しかも、このことに役員連中はほとんど反対してなかったんです

 

 

何故か?

『すでに多くの借り入れがあるから、大差ないよと思っていたからです

 

 

 

 

…間違ってますよね?!

 

 

これは社長が借り入れしているので、経営そのものがピンときていない役員連中は、そう思っていました

 

 

 

 

 

 

ところがこれも大きな勘違いで、どこから突っ込んでいいかわかりませんが、まず、

ボーナス資金を先に融資してもらうのは、理由があるのです

 

一般的にボーナスの支給時期は夏休み前、冬休み前とかになります

しかし、企業によっては、売上の最大月が8月や1月になり、ボーナスを支給する時期に売上そのものが足りない場合があります

 

そこで、融資後、売上の最大月にボーナス資金を返済するのが普通だと思うのです

 

 

 

うちの場合も売上の最大月がずれているので、上記の理屈が当てはまるのですけど、

借入金を返済できるめどがたっていないのに、ボーナス資金を借りていたのです

 

 

 

 

 

会社のお金が足りているがどうかの基準は、ざっくりですが、

売上-(人件費+諸経費+家賃・リース)-借入金>0

 

つまり、月々の売上の変動はあるものの、

この大前提がなければこれ以上借りてはいけないのです

 

 

うちの会社は、新規出店をするたびに借り入れをしていた為、

この最低限の仕組みを理解している役員がいなかったのです

 

 

わかりやすく言うと、

月々のお金が足りていないのに、新規出店で新たに借り入れしたお金があるために、足りていると思ったのです

 

 

これが、冒頭に役員連中が感じていた、

『大きな借金をしているので、少々借金してもあまり変わらない』

という考え方になるのです

 

 

それが現在にまで尾を引くことになります

 

 

 

はい…呆れる限りですが、もう少しボーナスの件で話したいことがあるので次回にします

 

 

 

 

では