読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

倒産すると思う会社に勤めるサラリーマン

倒産するのはこんな会社です

ボーナス出ないけど③

こんな会社は潰れます~その36

 

銀行の融資の話を少しします

バブルがはじけた後、うちの会社は急成長したのですが、銀行の融資はまだ活発に行われていた時代だったようです

銀行も借り手を増やさないとやばい時代だったのです

 

その当時は『100万円の現金を担保に200万円が借りれた』という時代背景だったらしいです

 

ただ、お金は返さないといけないので、堅実経営とは程遠かったですね(笑)

ただ、そのうち時代が変わり、新規で融資する条件も次第に厳しくなり、

お金を全額返済しても、銀行は新規に貸し出しをしなくなりました

うちの会社の借金が多すぎただけかもしれませんが(笑)

 

すると、うちの会社は、

全額返さないで、あえて現金を残し、それを担保にしてお金を借りたり、新規出店により新たに融資(借金)を、メインバンクではない他県の地方銀行から行ったりしたのです

 

 

銀行に借金を全額返済してしまったら損だという上記の状況が、役員連中の感覚を麻痺させたと思います

 

 

 

 

 

 

 

…ここで、ボーナスが出なくなってからの話に戻ります

 

 

だんだんと訳がわからなくなる状況になります

 

昇進しなくても、ボーナスが出なくても、多少の昇給はそれまでもおこなわれていて、その後も続いていました

それは全社員毎年1000円月額で昇給していて(1年間で12000円ずつ)、

まあ、有難かったんですが、

 

当然ながら、そのうち、それも出せなくなりました

 

 

さらに、 

(昇進による昇給は現在もあるし、それは別に構わないのですが、)

ボーナスの代わりに、全社員の昇給の代わりに、頑張っている社員の給料を少しあげてやろうという、変な制度が出来上がりました

 

 

 

 

なんで?

 

 

 

役員連中はボーナスが出せない後ろめたさを、ほんの一部の社員の給料を上げることで、ごまかしていたからです

 

 じゃあ、ボーナスもない、昇給もない、僕ら大多数の社員はどう思うでしょうね(笑)

 

 

ボーナスを復活させる意思があるなら、なるべく人件費を抑えることが常識だと思うのですが、

 

 

役員連中の間違った満足感が優先されてしまい、常識がなくなってしまいました(笑)

 

 気に入った社員にはいい顔がしたいからね

 

 

 

 

 

ボーナスの話は突っ込みどころが多すぎるので、なかなか完結しませんね(笑)

 

 

でも、もう少し話したいので次回に続きます

 

 

では