倒産すると思う会社に勤めるサラリーマン

倒産するのはこんな会社です

目の前のことは気にならない

こんな会社は潰れます~その66

 

 

投資してくれる会社が見つかれば、うちの会社はハッピーになる、という考えで気が気でない社長

 

 

『今、交渉している話がまとまれば』というのです

 

 

 

当たり前の話ですが、売買契約に限らず、契約というものは、決まるか決まらないか、ゼロか百かしかないのです

 

 

 

 

ところが、社長は、『もう決まるぞ、決まったら…』みたいな、タラレバの話ばかり

 

 

 

 

 

 

一概に、資産の売却と言っても、金融機関に借入金を返済して、かつ、運転資金と、設備投資や修繕資金を生み出すだけの売却金額が必要なのです

 

 

 

 

不思議なことだと思いますが、倒産しそうなくらいだから、建物も設備も古いモノばかりなうちの資産なのに、

 

 

何で高く売れると確信が出来るのだろう?

 

と思うでしょう

 

 

 

 

 

僕も真偽は定かではないが、

単なる不動産の価値とすれば、ほぼゼロなのですが、

毎年、安定して売上があり、将来も売上が期待できる、となると、銀行に預けるよりも、月々の利回りの金額が期待できるとなり、買収額も高く設定できるというのです

 

 

 

 

本当かどうかわかりませんがね

 

大体、きちんとした会社は寄ってこないので…

 

 

 

だから、社長にとって、今は仮の姿で、もうすぐ会社は大変身するという気持ちが凄すぎるのです

 

 

僕から見れば、ただの現実逃避ですが…

 

 

 

 

100万、200万円の修繕や買い替えはお金がないからできない、

でも5万、10万円で直る修繕については、現状をしのいだら幸せになれると考えているから、抵抗なくOKが出ます

 

 

購入した方がいいものもたくさんあるのですがね…

 

 

 

 

では