読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

倒産すると思う会社に勤めるサラリーマン

倒産するのはこんな会社です

新聞広告はどうなの?

こんな会社は潰れます~その91

 

 

 

さて、新聞広告にどれくらい効果があるか?ですが、

 

ひとつには、支払いの際、財布を誰が出すかにかかっています

 

 

 

 

都会だと新聞を取っている人は少ないと思うし、若者が主導権を握っている部分も多いので、新聞ちらしの効果は少ないと考えますが、

 

地方で新聞を購読している人は少なくなったとはいえ、まだまだ多いのです

 

 

僕個人で言うと、地方に住んでいますが新聞の購読を辞めてしまいました

理由はネットでの情報収集が多くなったからです

今後、減っていくだろうとは思いますが、

 

50代以上の購読層が健在な限り、新聞業界は小さくなるも存在できるでしょう

 

そして、田舎では、飲食店に関して言うと、お母さんかおじいさん、おばあさんが支払いをする場合が多いので、

 

我々の業界は新聞購読する層を無視できないのです

 

 

 

 

 

市単位で規模が小さい田舎であればあるほど、ちらしの効果は大きいと考えます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、費用対効果をどう考えるかですが…

 

 

純粋に新規客を狙うか、既存客に存在をあらためてアピールするかによって内容も変わってきます

 

特に田舎ではあまり長い間、新聞広告を入れないと、店の存在を忘れられたり、潰れたなどのよくないイメージが広がるおそれがあるため、

1回の広告が経費倒れになっても、年間の集客を考えて、出さざるを得ない感はあります

 

 

これも田舎ならではです

 

街で新規出店が活発と言えども、所詮は田舎なので、盆や正月などのハレの場で使えるお店は限られます

 

 

では