倒産すると思う会社に勤めるサラリーマン

倒産するのはこんな会社です

成功したのは誰のおかげ②

こんな会社は潰れます~その104

 

 

 

 

うちの会社も、今やいつ潰れるかという状況になっていますが、元々はそうじゃなかった

 

 

だから、この立地ならこの商売が成り立つと、きちんとしたコンセプトをもって取り組んでいたこと、本業の業績が好調だったため、借入もスムーズだったことでお金もまわっていました

 

 

 

 

現状の体たらくをみると、どうしちゃったんだろうと思いますが…

ただ、当時はやるべきことをやっていたからで、元社員はうわべだけしか見てなかったのです

 

 

 

 

 

 

元社員の出店には勘違いが結構あります

 

 

ひとつには、掘り出し物件を見つけて開業するまでは良いのですが、あくまで、予算の関係だけで物件を決めるため、

誰にどのような食を1日何名に提供するかを深く考えないのです

 

 

 

 

 

 

もうひとつは、

うちの会社にいたことを出店時のコネに使うこと、

出店の際に、設備や業者など、知っているところに声をかけるのはよいとして、

ちらし広告に○○会社から独立しました、などと顔写真を載せるのです

 

 

 

 

 

 

 

自分の会社にいて思うけど…

そんなに有名な会社じゃないし、敵もいっぱいいるし、そもそも、あんたの顔を載せてもお店に来たいと思わないよ(笑)

 

これが、よくあるパターンなんですけど、失敗するオーナーは顔写真を載せがち

 

 

 

 

 

 

産直の生産者みたいに、農薬を使っていないとか、自信があるから、顔写真を載せているケースなどはプラスに転じるかもしれませんが、

 

おっさんの顔を載せるよりも、キレイな女性を載せているほうが、よっぽど来店動機に繋がります

 

見ず知らずのおっさんに食の安全安心を求めて、来店するなんてありえません

 

 

独立を考えるなら、職人さんでも、こういうところを勉強してほしいものです

 

 

 

 

では