倒産すると思う会社に勤めるサラリーマン

倒産するのはこんな会社です

夢みたいな話はない①

こんな会社は潰れます~その140

 

 

 

さて以前、資産の流動化の話をしました

 

一般的にはどうあれ、うちの会社の場合、目の前の運転資金が不足しているので、

 

 

ホテルを一部売却して、投資家に対し、家賃のようなカタチで利回りを保証する、というものでした

 

 

しかも、売却したホテルについては今まで通り経営でき、将来的には買い戻しも可能というすばらしい条件なんです

 

 

 

 

 

そして、

その投資額、なんと60億円!!

 

 

 

 

 

…と言っても、皆さんにとっては額が中途半端なので、すごいかどうかはわからないところでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

うちにとってはホテル以外の部門の借金を含めても50億円くらいだと推測できるので、

 

銀行への借入金をすべて返済できるのです

 

 

 

 

 

しかし、60億円の投資に対しての対価として、月々投資家に支払わないといけませんが、

 

 

現在の銀行への返済に比べ3分の1から半分程度になるようなのです

 

 

 

 

そして、

すべて返済しても、10億円程度手元に残るため、老朽化している施設のリニューアルなどに使い、現状よりも売上アップが期待できるというものです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな夢のような話を延々と1年くらい、社長は嬉々として話しています

 

 

 

 

 

 

…ホントなんでしょうか???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今ここで僕がこんな話をするということは…

 

 

 

 

 

 

 

どうやら騙されているのではないか、と確信したからです

 

 

 

 

 

次回に続きます

 

 

 

 

では