倒産すると思う会社に勤めるサラリーマン

倒産するのはこんな会社です

温度管理も経営者の仕事②

こんな会社は潰れます~その101

 

 

温度の話でしたが、もうちょっと余談です

 

 

 

 

創業者の息子がどうしたのか、ということですが、

実力うんぬんは別として、当然、一部門のトップになれるわけです

 

 

当時のダイエーは、GMS、TS、HP、と3つの部門に分かれていて、詳しいことは忘れましたが、GMSとは総合スーパーのこと、その中でHPという部門のトップになっていました

 

HPとはハイパーマートの略で、当時のアメリカのウォルマートをモデルにしていたと言われています

 

 

現在のコストコみたいなもので、倉庫と店舗を一体化することで、大量仕入れ、人件費の削減、家賃などの初期条件の軽減から、消費者に安く提供できる仕組みです

 

 

 

 

ただっ広い店舗でモノが探せなかったり、日本人に馴染まない食品などなど、

単なる模倣で終わったのと、ちょっと日本では早すぎた感があり、失敗、撤退を余儀なくされました

 

 

 

 

 

 

 

 

ようやく本題

アメリカで最新のビジネスモデルを勉強してきた息子さんは、とんでもない決断をします

 

 

 

店舗に暖房を入れないよ!!

(冷房は入れますよ)

 

 

 

 

何故か、

当時の最新の理論によると、お客さんが店舗に何人か同時に入ると(たぶん500人とか?)、その人々の熱気で、冬場でも何度以上かが保たれるため、暖房はいらないという

 

とんでもない理論を導入したのです

 

 

 

 

 

 

 

 

…じゃあ…

最初の1人目は寒くない?????

 

 

反対する人の意見は聞かなかったんでしょうね

 

 

当然、寒いとクレームになり、急いで暖房を導入しました

 

最初から冷暖房にするコストを考えると、相当な出費があったと思います

 

 

実際、店で切り盛りをしている人からすれば分かると思うのですが、店舗に入ることのない人の机上の理論ではうまくいきませんね

 

 

この損害も本体の経営を圧迫したようですね

 

 

 

表題とは変わりますが、二代目は難しいことを表す出来事でした

 

 

 

 

では

 

温度管理も経営者の仕事①

こんな会社は潰れます~その100

 

 

 

温度管理というと、僕の知っているダメダメな話があるので記します

 

 

 

現在はイオンの傘下となりましたが、ダイエーの話

 

なぜ、このようになったかというと、ピーク時の売上が1兆円あったにもかかわらず、経常利益が100億円と売上を落とせば即赤字になるという体質に問題がありました

 

 

 

 

 

それは置いといて、創業者は中内家でかつてはソフトバンクホークスの前身で、ダイエーホークスのオーナーとして有名だった方です

 

 

 

一代にして創業者となる人間はバケモノのようなものだと思っていますが、そのバケモノでも、自身の息子には甘いのです

 

 

 

 

 

 

話はすり替わっていますが、2世、3世で会社を伸ばすところと、ダメにする会社とでは雲泥の差です

 

うちの会社は後者のダメな会社ですが…

 

 

 

 

僕の知っているところで、ユニ・チャームさんは高原さんというバケモノで一代で基盤を作りましたが、その息子さんも優秀で、海外に積極的に進出し、規模も大きくさせ、成功しています

 

 

一方で、ベネッセコーポレーションという会社は福武さんが大きくしましたが、詳細はともかくとして、前マクドナルドの社長だった原田さんを迎えました

今後の方向性はともかくとして、世間を驚かせたニュースでした

 

 

 

 

 

どこの会社も自身が退いた後も会社の繁栄を願うのですが、難しいですね…

 

成功する会社とそうでない会社は何が違うのか?

失敗している会社にいるのでわかりませんね(笑)

 

 

 

 

 

 

さて、表題に戻りますが、ダイエーが創業者を追われるひとつの要因だと思っていますが、それは次回にします

 

 

 

では

 

 

老害と温度管理

こんな会社は潰れます~その99

 

 

 

皆さんの事務所の温度設定って誰が決めているでしょうか?

 

 

 

大体はその部署で一番偉い人ですね

 

その人が寒がりであれば、事務所は暑いし、今の時期、我慢強い人であれば、寒いですね

 

 

 

 

うちの会社には会社全体でコントロールする人がいないので、『室内温度○○度にしましょう』というのはありません

 

あくまでも、事務所単位なのです

こんなところでも経費の無駄使いが発生しているのですが、もうひとつ、

 

 

 

 

更年期もまた関係しているのではないか、と考えます

 

この場合はの更年期のことなんですが、うちの会社の役員とかをみていると、50歳を過ぎたあたりから、ストレスからか不調を感じている人が多いのです

 

 

 

 

ちょっと昔は、経費関係なく社長室をガンガンに冷やしていたり、儲からない時でも平気で旅行に行っていた社長に対し、静かな反抗をするために、『夏は29度、冬は18度』といって出勤場所の事務所の温度設定を決めていました

 

外気の影響を受けるので、うちの事務所は結構つらいのですが、なんとか我慢していました

 

 

 

ところが、最近は色々あり、役員も壊れてしまって、経費なんか気にせず仕事しろ、と言わんばかりに、エアコン、ファンヒーターをフルに使います

 

 

 

 

室温をみると、28度…

 

寒いのはわかるけど、上げすぎじゃない?

 

 

 

 

 

夏場もそうだったけど、体温調整ができてない気がするのです

 

 

まわりの人たちをみると、明らかに暑がっているのですが、役員だけ寒そうにしているのです

 

 

 

 

 

役員が外出すると、温度決定権は僕にあるので、即効ファンヒーターを切ります

 

現在冬場は23度から24度を維持して快適に仕事をしてます

 

 

 

では

会議より大切なもの

こんな会社は潰れます~その98

 

 

 

さて、前回、部門の会議を堂々とサボって、出張にでかけたある役員ですが、帰ってきて、別の会議に出席したときの話です

 

 

 

 

フードショーで主に食材の新規調達、また、厨房機器の紹介など、意味のあるものに思えますが、問題なのは、

 

 

都会に行って終始上機嫌だったということです

 

 

これを批判するわけではありませんが、入社間もない社員のように進んでいる都会の状況をうれしそうに報告する姿をみると、

 

情けないというか痛々しく感じます

 

 

 

 

あと、そういうイベントには講習会的なイベントもありますが、そこでは、

最近の就労問題などがテーマになっていたようです

 

 

 

役員は、『手帳が会社をまとめる重要な役割を果たしているようですよ』とか、『残業を減らす会社が増えてきています』などというが、

 

昨今問題になっている会社とは比較にならないくらいブラックな会社がうちだ、と分かって発言しているのか、疑いたくなります

 

 

残業云々どころか、今月も給料が遅れるのですから、手帳ごときでモチベーションもくそもないのです

 

 

 

 

 

 

極めつけは、『パワハラを防止する取り組みも推進されていたので、うちでも導入の必要がありますね』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…いちばんパワハラを推進しているこの役員がパワハラ防止を推進しようなど、ちゃんちゃらおかしいわ!!!!!

 

 

 

 

 

不幸はこれだけでなく、超一般論のまともな会社の話を社員達に偉そうに話すのが分かり切っているので、かわいそうでなりません

 

とにかく給料まともにだせよ

 

 

 

では

 

 

 

 

老害よりも問題は?

こんな会社は潰れます~その97

 

 

 

 

前回、石原元都知事について少し述べましたが、都知事としての功罪を問う動きが見受けられます

 

 

でも、僕は思うんですね、確かに色々な損得によって、築地移転を決めたのは、石原さんだと思いますが、

 

 

取り巻きの人間にも悪い奴がいて、その人達の意向に沿うよう、意図的に判断がずらされた可能性があるのではないかと思うのです

 

 

 

 

 

 

 

 

ワンマンである人の中には、うちの社長のように都合よく利用される場合があるのです

 

うちの会社でもそうですが、例えば、稟議書の決済をする際、社長に口頭で確認を取り、あとは総務の社員が社長印を押すことはよくあることです

 

 

 

 

都知事がハンコを押すものって、実際は知らないですが、結構あるんじゃないでしょうか?

 

TVなどで知る石原さんが、いちいち真面目に書類に目を通してハンコを押していたとは思えないんですよ(偏見かな?)

 

 

 

うまく話のつじつまをあわせて、了承をもらえば、全部、石原さんの責任で事が進められる

 

 

ワンマンで好き勝手にやっているようで、実はうまく使われていたんじゃないかって思っても不思議ではない

 

 

 

 

 

 

 

だって、規模は違うけど、うちの会社がそうだから(笑)

 

 

 

そして、高齢のため、事の詳細を結構忘れてしまっている、だから、

 

まわりからみても自己に不利になるのが明らかでも、『会見するぞ』と言うのです

 

 

 

年は取りたくないものです

 

 

では

 

 

 

 

石原 慎太郎元都知事に思うこと

こんな会社は潰れます~その96

 

 

 

 

僕はこういう問題が起こると『事実と真実は違うのに』と思います

 

 

 

 

 

マスコミの意図や小池都知事の意向はよく分かりませんが、

騒いで大きく取り上げてうやむやに終わるだけでないかと思うのです

 

 

賄賂をもらったりしていることが公になれば別ですが、去年から散々言われているのに、全く進展がないようにみえるからです

 

 

 

 

どれほど独断で決断して好き勝手なことをしたとしても、都知事という公人が都の仕事をしただけであれば、違法性など問えません

 

 

得をしている人がいるとしても、その人が真実を述べない限り、表に出ていることだけが事実となるのですから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに僕の私的な意見ですが、うちの会社でも感じる、老害と言われるのには次のような弊害があるからです

 

 

まず、①ビジネスパートナーがリタイアする、もしくは亡くなって、代がかわる

 

年が離れてもうまく付き合いができる人だったら、ビジネスパートナーは減ることはないでしょうが、大体の人は難しいのではないでしょうか

 

 

そして、②側近の人物もリタイアするということ

 

今まで意を汲んでいた人もいなくなり、うまく進まなくなります

傲慢な人ほど孤立するでしょう

 

 

こうなると、社長の顔で得することもなくなれば、ビジネスチャンスも失われ、会社は衰退に向かいます

 

 

 

 

でも、何より問題なのは、③自分の発言したことを忘れること

 

 

 

こうなると、会社としての信用をなくしますね

 

 

 

では

 

 

 

 

 

印刷費より人件費

こんな会社は潰れます~その95

 

 

 

前述の印刷費の続きですが、人件費が不透明に加算されているところがわかりにくい点でした

 

 

 

ところが、最近、ラクスルというネットで注文できる会社が出てきました

 

 

当然、枚数によって異なるのですが、最安で1枚1.1円の印刷費で制作、発送してくれるというのです

 

 

A4サイズ10000枚で税抜12600円…

 

 

 

 

 

TVCMもバンバンしているので、儲かるのだろうか?という疑問がありますが、

 

ざっと会社概要をみる限り、たくさんの中小の印刷会社と提携し、取引が成立した分から手数料を得ているというビジネスモデルのようです(違っていたらすみません)

 

 

 

 

 

はっきりいって、提携業者は100%満足した料金ではないでしょうね

 

 

おそらく人件費はあまり加味されていない

 

 

 

 

PB商品を作らせる量販店のやり方に似ているのかな?

 

印刷機が空いているときに有効活用させる、維持費が出ればよい

 

おそらく、超忙しいときには断れるシステムなのでしょう

 

 

 

前述の通常の印刷会社の料金体系とは違い、少ない枚数でも格安の料金を提供していて、あまり儲けがないようですが、

 

 

逆に、10000枚以上から500000枚でも1枚あたりのコストが変わらないところで、枚数が多ければ少しは利益がでるようにしているようです

 

 

 

色々なビジネスがあるのですね

 

 

では