倒産すると思う会社に勤めるサラリーマン

倒産するのはこんな会社です

詐欺師とか冤罪の人たちの心理を考える

こんな会社は潰れます~その108

 

 

 

 

ある悪い状況で長いこと追い込まれると、おかしくなってしまうと思うのですが、ちょっと、別の面から話したいと思います

 

これも、独自の考え方で、特に心理学などを勉強しているわけではないので、鵜呑みにしないでください

 

 

 

 

 

 

 

詐欺とか冤罪のニュースが世間に出ると、この儲からない会社にいることでの心理的な変化で似たような感覚を覚えます

 

 

特に冤罪は、実際、無実の人と有罪の人がいるわけで、裁判での証拠の認定などで、裁判官が客観的に判決を下します

 

 

前にもちょっとふれましたが、真実と事実は違うのです

もちろん、無実でも、証拠をでっち上げられ、有罪になる場合もありますが、実際に事件を起こしていても無罪になる場合があります

 

 

 

 

 

僕が思うのは、人間の記憶というのは曖昧で、追い込まれると都合のよいように書き換えられる場合があるのではないか、ということ

 

 

 

つまり、罪を犯していても、支援者に無実だと言われ続けると、『本当は無罪なのだ』と思い込むような気がするのです

 

詐欺師もそうですね、自称教祖だと言っているうちに、自己暗示にかかり、本当にそう思い込んでいしまう…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話が飛躍するかもしれませんが、うちの経営陣も理解に苦しむ言動、行動をします

 

うちの会社の社員はすばらしい、

自分は仕事ができるのに、儲からないのは社長のせい、

自分は仕事ができるのだから、ちょっとくらい会社のお金を私用に使ってよい、

いつかは神風が吹いて、会社が好転する…

 

 

…やっぱり、思い込んでおかしくなっていると思うんですよ

 

 

 

 

 

あまりにも、悪い状況に瀕していると、現実逃避をすると思います

 

役員だって人間ですから、自分だけが正しいと思い込むのも無理ないかもしれません

 

 

 

でも、ダメな役員だからダメな会社なのです

 

その認識を改めなければ良い会社にはならないでしょう

 

 

 

 

 

 

 

変な話をしていますが、宗教などに誘うつもりはないので安心してください

 

 

では

 

 

 

 

 

 

追い込まれた人間の言動は理解に苦しむ

こんな会社は潰れます~その107

 

 

 

うちの会社の話

全く改善の余地が見られないまま、いたずらに日々が過ぎて行っています

 

 

 

会議で、人手不足の話になり、いつも社長は『人は集まるのか?』と気にしています

 

社員A『都会のコンビニでは外国人労働者ばかりですよ』

 

社長『都会と田舎では違うからな、でも、いずれ外国人労働者を確保する時代もくるだろう』

 

ここまではいつもの話なんですが、

 

 

 

社長

『おい、○○(僕の名前)、外国人労働者を雇うためのシステムを考えろ』

 

 

 

今言う?……

 

 

 

 

 

 

確かにいつかは必要になるでしょう、でも、我々サービス業はこれから春休みなどを迎えるなか、現在は売上が落ち着いていて、逆に人を削っているため、今は忙しいのです

 

月末も忙しいのに…

 

 

今言う?……

 

 

 

 

 

 

 

こんなこと今に始まったことではないですけどね…

でも、うちの会社、先月2月は1年の中で売上は最低月…

 

確実に社員の給料が遅れるのが分かっているなか、

 

 

今言う?……

 

 

 

 

大体、寮を完備したり、待遇がよくなければ、外国人に限らず、人なんか来ません

 

お金がない、ボーナスがない、給料も遅れるから、人が来ないんじゃないすか

 

 

外国人労働者の前にすることがあると思いますがね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、レストランの中には、赤字の店があり、コンセプトの見直しが必要だけれども、いい案がない、お金もない…

 

社長

『店長!このままだと売上はジリ貧だ、何かアイデアを出せ!』

 

 

 

 

 

 

…はあ?

 

 

店長にそんなこと言う?

 

 

 

役割分担ですよ、店長はまず、店を切り盛りすること、

 

コンセプト変更なんて政策レベル、

そもそも何もやってない担当役員の仕事だろ!!

 

 

 

 

社長が言えば、もちろん『はい』と答えます

 

 

誰に何を指示するかもわからなくなっているのは異常です

 

 

こんな会議が何年も続いています

 

 

 

では

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマト運輸の対応に思うところ

こんな会社は潰れます~その106

 

 

 

 

過重労働ということで、大きな問題となったヤマト運輸さんですが、業界トップとしての動きは素晴らしいと思います

 

 

ただ、気に入らないのは、

IT化が進み、どこにいても仕事ができるようになったスマートな時代の中で、結局末端にあるのは、宅配や飲食などのサービス業なのです

 

 

 

どんなに時代が進んでも、土日祝仕事をしなければ世の中は成り立ちませんが、それを望まない人が多いなか、

賃上げしたところで人など集まりません

 

 

残業代払うから、少ない人手でも文句言わず、働いてくれというのが実情でしょう

 

 

 

 

 

 

報道で値上げしやすくしてやるよ、ドライバーさん大変ですね、という、マスコミの上から目線な発言にうんざりします

 

それでも、マスコミをうまく利用して値上げしようとしているヤマトさんが、そこまで計算づくならすごいことです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元々は郵政との激しい戦いを勝ち抜き、現在のポジションを築いていますが、我々業者サイドからすると、

 

郵便局も佐川急便もピーク時には遅れる可能性が高いので、ヤマトさんのほうが、相当マシだということ

 

値上げされても、他社に乗り換えることは容易にできません

 

 

 

 

そのヤマトさんでも、全国の道路状況や家やマンションの違い、築年数の違い、宅配BOXの設置の有無など、

どう考えても、無人化はできないでしょう

 

 

 

今後の対応として、常温の荷物は時間帯指定の枠が少なくなることで対応、冷蔵や冷凍は再配達のコストを付加して値上げになるのではないでしょうか

営業所を増やしたり、冷蔵庫などを増やしたり、インフレ整備だけで大変です

 

 

 

 

 

規制緩和して、宅配業者を増やせばという意見もありますが、そうすると、

手を抜いて安く提供するだけで、将来的に宅配自体の存続問題になるので賛成できません

 

 

悪いオーナーがお金を懐に入れて、実際は教育もせず、安い労働力を使って雑な仕事させるというのは、どこの世界でも同じです

 

 

信頼ある業者を選びましょう

 

 

では

 

 

 

成功したのは誰のおかげ③

こんな会社は潰れます~その105

 

 

 

 

広告宣伝も大切ですが、どんなコンセプトのお店にするのかも大切ですね

 

 

立地によって、メニュー構成や客単価など、考えなくてはいけないことが多々あると思うのですが、職人さんというのは思いが強すぎるのか、

 

立地や店舗スタイルに関係なく、自分の色を出したがります

 

 

 

これは決して悪いことではないけれども、オーナーとして商売に徹し、売れるものを作らなくてはいけません

 

 

 

 

 

 

 

まず、店構えですが、

社員が独立して、購入できるとすれば、居抜き物件です

 

定食屋さんや回転ずしを購入していながら、夜に高単価なお店を目指す和食の料理人たち…

 

そして、立地、

国道沿いであったり、市役所筋であったり、色々な立地条件であっても、夜に高単価なお店を目指す和食の料理人たち…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕らが住んでいるのは田舎なので、ディナー売上が見込めるのは複合施設や郊外でも県庁所在地に近い幹線道路沿いなど、一部に限られます

 

 

ところが、料理人は、昼はランチで儲けが出なくても、夜はカウンターで数人のお客を相手に商売ができればいいと考える人が多いのです

 

 

 

 

 

 

 

田舎で夜、人なんか歩いていないよ(笑)

 

 

 

 

 

正直なところ、夜は見込めないところに出店している社員が多いのも事実

 

だから安く購入できるといえるが、

 

 

 

 

 

僕だったら、

モーニングとランチに特化して、夜は閉めたほうがいいよと提案しますね

 

 

本気で食っていくなら、こだわりは捨てないと

 

 

 

では

 

成功したのは誰のおかげ②

こんな会社は潰れます~その104

 

 

 

 

うちの会社も、今やいつ潰れるかという状況になっていますが、元々はそうじゃなかった

 

 

だから、この立地ならこの商売が成り立つと、きちんとしたコンセプトをもって取り組んでいたこと、本業の業績が好調だったため、借入もスムーズだったことでお金もまわっていました

 

 

 

 

現状の体たらくをみると、どうしちゃったんだろうと思いますが…

ただ、当時はやるべきことをやっていたからで、元社員はうわべだけしか見てなかったのです

 

 

 

 

 

 

元社員の出店には勘違いが結構あります

 

 

ひとつには、掘り出し物件を見つけて開業するまでは良いのですが、あくまで、予算の関係だけで物件を決めるため、

誰にどのような食を1日何名に提供するかを深く考えないのです

 

 

 

 

 

 

もうひとつは、

うちの会社にいたことを出店時のコネに使うこと、

出店の際に、設備や業者など、知っているところに声をかけるのはよいとして、

ちらし広告に○○会社から独立しました、などと顔写真を載せるのです

 

 

 

 

 

 

 

自分の会社にいて思うけど…

そんなに有名な会社じゃないし、敵もいっぱいいるし、そもそも、あんたの顔を載せてもお店に来たいと思わないよ(笑)

 

これが、よくあるパターンなんですけど、失敗するオーナーは顔写真を載せがち

 

 

 

 

 

 

産直の生産者みたいに、農薬を使っていないとか、自信があるから、顔写真を載せているケースなどはプラスに転じるかもしれませんが、

 

おっさんの顔を載せるよりも、キレイな女性を載せているほうが、よっぽど来店動機に繋がります

 

見ず知らずのおっさんに食の安全安心を求めて、来店するなんてありえません

 

 

独立を考えるなら、職人さんでも、こういうところを勉強してほしいものです

 

 

 

 

では

 

 

成功したのは誰のおかげ①

こんな会社は潰れます~その103

 

 

 

 

知人の飲食店が閉店しました

 

知人と言っても、元社員で、勘違いして独立するも失敗する人ばかりでしたが、この人は数少ない成功者でした

 

なんだかんだと10年くらいは営業していたのですから

 

 

 

 

 

 

そもそも、何故、独立するのか?

 

我々サラリーマンも、夢には見ると思いますが、社長というか、オーナーになりたがりますよね

 

 

 

結局、多くの人は、いろんな状況を鑑みて、月々何十万円安定的にもらったほうがいいと判断して現実に戻ります

 

 

 

 

 

 

 

しかし、飲食店というのは、やろうと思えば誰でもできるのです

 

 

 

食というのはどんなカタチであれ、世の中から消えることはないからです

 

まして、うちの会社はレストランを経営しているため、料理人もたくさんいます

 

 

 

 

いつも言っていますが、うちの会社のダメっぷりは全社員に広がっています

そのため、会社には不満を持つのですが、自分が働くお店にそこそこお客さんがくる日常が続くと、

 

 

アホな経営者でもこれだけ人がくるなら、独立してもやっていけるんじゃないかな?と勘違いする輩がでてきます

 

 

 

 

 

しかし、

スケールメリットや、借入を継続しながら、経営をしていくという、あたりまえのことを知らないとやっていけないこと、また、

 

売上があっても実際、手元に残るお金はほとんどないことも、知らない人は多いのです

 

 

以前に記したとおり、売上の一割が手元に残れば、超優良企業です

 

 

 

 

では

 

 

 

 

 

 

温度管理の考え方も変わった?

こんな会社は潰れます~その102

 

 

 

 

温度管理はビジネスとしても大事だと述べましたが、最近は少し変わってきました

 

 

 

 

 

一昔前ならどうだったでしょう?

 

冷房って、どこへ行っても、むちゃむちゃ寒くなかったですか?

冬は冬で暖房が強くてカラカラだったり…

 

エコという観点からは程遠い時代でしたが、それを想定して衣服などで調整していましたね

 

 

 

 

 

 

 それはそれで管理をしていたと思うのですが、

東日本大震災以降、価値観というか考え方が強制的に変わってしまいました

 

 

 

 

生きることが、生活が最優先なので、

温度なんて二の次だ

 もちろん、当時は電気の安定供給の問題もあって、強制的に消灯などをしていましたが

 

 

 

 

そのため、夏場でも、近所の100均などは冷房をほとんどつけず、営業してました

 

さすがに、店内は暑く長期滞留ができない状態だったため、しばらくするとマシになりましたが…

 

 

 

最近でも冬場のスーパーの一部ではほとんど入れていないところもあります

 

冷凍のショーケースの前などは非常に寒いですね

 

 

 

 

 

 

しかし、このことが原因かどうかわかりませんが、

日本人全体に温度を調整しようとするセンサーがボケたような気がします

 

 

 

店舗にいっても、ちょうどよいと感じる店舗は減ったような気がします

 

 

 

 

実際電気代さえ削減すればいいというシビアな現実もありますが、

こんな状況だからこそ、店舗で働く人たちの温度に関する気配りが必要となります

 

 

 

 

暑い寒いと判断して、温度を管理する、その上でコスト削減に努める、こんなことが、雑におこなわれていれば、人間がダメになるような気がしてなりません

 

 

 

 

 

では