倒産すると思う会社に勤めるサラリーマン

倒産するのはこんな会社です

経営者が誰なのかわかりません

こんな会社は潰れます~その65

 

 

 

うちの資産を購入し、オーナーになってくれる会社を探している最中ですが、

 

こうなると社長は仕事どころではありません

 

 

取らぬ狸の皮算用ということわざがありますが、給料は遅れる、業者への支払も遅れる中、

『ボーナスの査定をしろ』と担当役員に指示を出す、

 

『社長を息子へ譲って、俺は会長になり、毎年社員と旅行に行く』など…

 

 

 

 

 

 

 

今、なんとかしろよ…ってカンジです(笑)

ボーナスないの全社員わかっているんだから、せめて静かにしといてよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、怪しいコンサルタントもたくさん近づくなか、良くも悪くも色々な提案を持ってきます

 

『会社が儲かっていないのは、社員を効率よく使えていないからです、記入シートがありますので、全社員に日ごと・月ごとの業務スケジュールを提出させたらどうですか?』

 

 

 

社長は、『いいじゃないか、これで改善できる』と、担当役員に丸投げ

 

 

全社員は、意味がわかりませんが、わざわざ、時間をかけて担当役員に提出します

 

 

当然ながら、担当役員は業務スケジュールを提出しません

仕事をしていないのがばれるし、出さなくても何も言われないのが分かっているからです

 

 

 

 

それを誰に提出するか、ですが、

社長の息子にです

 

 

 

渡された息子は文句を言いませんが、何で俺なんだろうと思ったと思います

 

結局、それは束のまま、彼の机の引き出しにしまわれたままになっています

 

 

 

僕は最初からわかっていたので、短時間で仕上げましたが、真面目な社員は時間をかけて作成したと思います

何のためでしょうかと、質問してきた社員もいました

 

 

その労力はなんだったのでしょう?

 

 

驚くのは、その後、この業務スケジュールの話が、一切話題に出なかったということです

 

 

 

シートに記入して、それが自動的に改善されるのだったら、何の苦労もしません

 

 

 

担当役員も社長の息子も、自分の仕事ではないのでしょう

 

 

 

社員の無駄を改善させるための業務シートが、社員の無駄の業務になってしまいました

 

 

 

では