倒産すると思う会社に勤めるサラリーマン

倒産するのはこんな会社です

取引先の信用もありゃしない⑨

こんな会社は潰れます~その216

 

 

 

 

 

 

取引が終わるということで、

 

 

通常は弱いほうの立場(この場合は先方の会社)が、ありがとうございましたと、

 

 

うちの会社に挨拶に来るのですが、

 

 

 

 

 

 

 

うちに社長に挨拶に来たのは…

 

 

入社2年目と5年目の社員二人のみ!

 

 

 

 

 

入社2年目の子は納品担当、入社5年目の子はその上司

 

 

 

 

取引が20年以上もあって、つい先日社長が記念品を持ってきた会社なのに、

 

取引終了の挨拶はあまりにひどい

 

 

 

 

なめられたもんです

 

 

 

でも、それ以上にうちの社長以下役員がクソだということを相手に見透かれたということです

 

 

 

 

地元の会社だけに、どれほど悪い噂が流れるか容易に想像できます

 

 

仕入れ単価の上昇以上の痛手にうちの役員は気づきません

 

 

 

では

 

取引先の信用もありゃしない⑧

こんな会社は潰れます~その215

 

 

 

 

 

 

こうして取引先を1社失ったわけですが、

 

 

 

終わり方がひどい

 

 

 

 

 

普通に考えると、こういうことはよくあることで、

 

 

商品を仕入れる方がうちの会社なわけなので、

 

 

業者決定権はうちの会社にあります

 

 

 

 

 

 

 

しかも、支払いサイトを短くというのは、

 

 

先方の経営状態のこともありますが、

 

 

銀行から『あそこはやばいから』というのに対し、今までの関係性があるからなんとか取引を続けたいという善意でした

 

 

 

 

 

 

つい最近、先方の会社は創業100年ということで、わざわざ社長自ら記念品を渡しに会社まで来てくれたとこです

 

 

 

 

 

しかし、礼を尽くさなかったうちの会社に対し、こんな行動に出ます

 

 

 

 

では

 

 

 

 

 

取引先の信用もありゃしない⑦

こんな会社は潰れます~その214

 

 

 

たかが15日、その取引業者だけ支払いサイトを短くするだけなのに、

 

 

 

 

担当役員『支払いサイトを短くしたいと言っているのでもう取引を辞めようと思います』

 

 

 

社長『そうだな、辞めてしまえ』

 

 

 

 

 

 

 

…えっ……??

 

 

マジか?

 

 

 

 

 

何でかというと、

 

担当役員『失礼だから』

 

 

社長『他にも(取引できるところ)あるんだろう?』

 

 

 

 

いやいやいや…

 

 

確かにそこは安いものもあるけど、

 

 

 

 

元々、その取引先2社で安いものを仕入れ分けてたんだよ!

 

 

 

 

ホンマに情報が少ないと判断がおかしくなる

 

 

 

 

 

では

 

 

 

 

 

 

取引先の信用もありゃしない⑥

こんな会社は潰れます~その213

 

 

 

 

うちの会社がいかに支払いを遅らせるのに執着しているというか、麻痺しちゃっているかを知る、良い事例を紹介しましょう

 

 

 

 

 

取引して20年ほどになる業者、

 

 

支払いサイトは末締め、翌翌15日払い

 

 

しかし、うちの会社の経営状況がよくない、という噂が回り、

 

 

 

 

 

取引先の主要銀行からの指摘で、

支払いサイトを翌末払いに変更して欲しいという申し出がありました

 

 

 

 

ほかにも取引業者はありますが、相対的に仕入れ値は安い、しかも、少量でも納品してくれる、休暇中でも無理して納品してくれる

 

 

 

とってもいい会社なんですよ

 

 

 

 

 

 

さて、うちはどう判断したか?

 

 

 

 

では

 

 

 

 

 

 

取引先の信用もありゃしない⑤

こんな会社は潰れます~その212

 

 

 

 

 

 

うちの会社の場合、レストランを経営しているわけだから、日銭が入ってくる

 

 

 

ホテルも経営したころは、あわせて、

 

 

 

1日の売上、約1000万円

 

 

 

 

カード払いが増えているとはいえ、大半が現金なので、その分お金をプールできる

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、1日支払いを遅らせることができれば、数百万円のお金を支払いに回すことができる…

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、考えてくださいよ

 

 

 

 

 

売上というのは、仕入れの支払いだけでなく、水光熱費、家賃、税金、社員の給与など、最終的に手元に残るお金は1割ほど…

 

 

 

 

 

売上を丸々支払いに充ててる会社って…

 

 

 

 

 

では

取引先の信用もありゃしない④

こんな会社は潰れます~その211

 

 

 

 

取引を断られた業者に対しても、今までの感謝を口にするならまだしも、

 

 

 

 

社長『あの業者め、会社の業績がよくなっても、二度と取引してやらんからな』

 

 

社長『お前たちも、どの業者が裏切ったか、よくなった時のために覚えておけよ』

 

 

 

 

 

 

 

どの口が言う…

 

 

 

 

 

 

よくしてくれている業者には、平気で支払いを遅らせ、去った業者には悪態をつく…

 

 

 

 

 

 

本当に人柄って出るわな…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数日だったら早く払えばいいじゃん、と思うかもしれませんが、

 

 

 

そうせざるを得ないんです

 

 

 

 

では

取引先の信用もありゃしない③

こんな会社は潰れます~その210

 

 

 

 

 

たかが1日、されど1日、

 

 

しかし、支払いが遅れるとどうなるでしょう?

 

 

 

 

うちの会社はしょっちゅうそれをしています

 

 

 

 

 

 

 

 

どんどん取引先は減っていき、1社に対する取引額は大きくなる

 

 

 

 

普通なら、いつ潰れるかもしれない会社とここまで取引しているんだから、

 

 

うちの会社も恩義を感じなきゃいけない

 

 

 

 

 

しかし、それに甘える(笑)

 

 

 

 

 

 

電話1本、

 

 

うちの社長『月末の支払いが月初の週明けの月曜日になります』

 

 

 

それで終わり…

 

 

 

 

 

 

そりゃ取引やめるわな

 

 

 

 

 

では