まずは経費削減から③

こんな会社が潰れました~その260

 

 

 

 

今やネットで何でも買える時代、確かに粗悪品もあるが、ネットを通じて流通経路に変化が起こった

 

 

 

 

 

 

人件費や広告費、諸経費などかなり削減でき

 

 

 

従来のルートと同品質の商品でも金額が大きく異なる

 

 

 

うちは大きく遅れていました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その結果どうなったかというと、

 

 

 

 

カタログ代ひとつ取っても相場がわからなくなっていました

 

 

 

 

 

何故なら…

 

 

 

どんなに高い金額でも、前年と比較したら同じ経費だからです

 

 

 

 

 

では

 

まずは経費削減から②

こんな会社が潰れました~その259

 

 

 

 

 モノを買うとき相見積もりが必要になりますが、似たような業者で比較してもあまり金額に差が出ません

 

 

 

 

従って年数が経つとどうしても1社に偏り、信頼関係もあり、相手の提示する金額が妥当なものだと思うようになります

 

 

 

確かに法外な値ではない、

 

ただ、いつの間にか、それが定価になってる

 

 

 

 

 

 

 

しかも、うちの場合、担当部長が相手業者の策略にまんまとハマり、

 

 

中元や歳暮、また、キックバックによる私腹を肥やすなどの行為を平然と行っていた

 

 

 

だからきちんとした交渉などできるハズもない

 

 

 

キックバックなど受けていなかったところでも、

 

 

『俺が見積書を作ってやるよ』って業者が作った見積をボールペンで直して返す

 

 

 

非常識極まりない…

 

 

 

 

 

結果どうするか、最初に少し高い見積書が出てくるようになる

 

 

部品の1個1個がいくらするかわかんないからね

 

 

 

それで『半額にしました!』

 

 

と喜々として元社長に報告していた役員でした

 

 

 

 

 

 

では

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは経費削減から①

こんな会社が潰れました~その258

 

 

 

経理的なことしかしてないので、

 

 

営業に関して実績のない僕が、発言に説得力を持たせるというのは、

 

 

 

非常に苦労しました

 

 

 

 

 

 

特に組織が変わってないので、必然的にやってることも変わらない

 

 

 

 

元社長の息子が実質的にトップなのでなおさら

 

 

 

 

 

そんななか、

 

 

 

 

潰れた会社を立て直すために有効なのは、

 

 

 

 

経費削減!

 

 

 

実に当たり前のこを言ってるけど、

 

それが無いから潰れたわけ

 

 

 

 

 

何故か?って言ったら、モノの価値がわかってないから

 

 

 

ケチなクセに原価がわからずに相手と交渉するから、高めの見積もりを出されても最終的に値下げすればいい買い物したと思う人種たち

 

 

 

 

逆に言うと上手に立つのは難しくない

 

 

 

では

 

自分の立場を守るには⑦

こんな会社が潰れました~その257

 

 

 

元役員がこのポンコツの担当者に仕事を丸投げしたおかげで、

 

 

うちの部署は大きく売上を落としました…

 

 

 

 

 

 

 

まあ、元役員は残念ながらセンスがあったということです

 

 

他人に丸投げしなければ安定してたでしょう

 

 

しかし、組織的には向いてないダメな人材に任せた

 

 

 

 

適所適材より、自分の使いやすい人間を登用したことは罪が重い

 

 

 

 

 

組織の硬直化、不正の温床を招いただけでなく、

 

 

結果として倒産させてしまいましたから

 

 

 

 

 

 

幸運なことに元役員は今後の会議には出ないということなので、

 

 

 

 

僕も出席する会議の場で、自分に仕事が回ってくるように暗躍しよう笑

 

 

 

では

自分の立場を守るには⑥

こんな会社が潰れました~その256

 

 

 

 

実質的に仕事をしてない、といいつつも、

 

 

自分のいる事業所に元役員がいると仕事しづらいのだが、

 

 

自分のポジションを確保しなくちゃならない

 

 

 

 

 

さて、僕が着手するのは…

 

 

 

広告、販促関係の仕事

 

 

 

 

 

ここをなんとか抑えたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近年この元役員は仕事をせず、自分の使いやすい部下に丸投げだったのです

 

 

それぞれ、

 

レストラン部門、製造部門、レジャー部門とそれぞれの担当者にその仕事を任せているわけですが、

 

 

 

僕は現在、製造部門にいるので、ここの仕事をなんとか取りたい

 

 

 

 

 

そうすればとりあえずは安泰

 

 

 

 

 

とはいえ、

 

 

現任者で任されているのはポンコツ……

 

 

こいつから仕事を取るにはどうするか……

 

 

 

 

では

 

 

 

 

自分の立場を守るには⑤

こんな会社が潰れました~その255

 

 

 

 

同じく干されている彼が言いました

 

『〇〇(元役員)は来月末で辞めますよ』

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ、そうなの…

 

 

 

 

よかったー

 

 

 

年上でかつ上司に盾突くのは気が重かったんだ

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ、逆に来月末までは表立って動くことはできない

 

 

 

 

 

 

 

なぜって?

 

 

 

 

辞めるといっても、あくまでも本人は円満退社だと思っている

 

 

あとで揉めるとこれはこれで会社にとっても、僕にとってもマイナスかもしれない

 

 

 

訴えられても困るしね

 

 

 

まあ、いいわ

 

 

水面下でじっくりと自分のポジションを確保しよう

 

 

 

 

では

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の立場を守るには④

こんな会社が潰れました~その254

 

 

 

さっさと新しい社長が、元凶であるこの役員(※新しい会社では役員ではない)を辞めされればいいのですが、

 

直接ではなく、

 

 

今の会社は旧会社の社長の息子に任しているカンジ

 

 

残念ながら、

 

 

 

 

 

この息子は元経営者の息子のクセに

人事センスが全くない

 

 

 

害があってもこの旧役員は必要だと勘違いしている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にっちもさっちもいかない状況…

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず僕の仲間を探さんとな…

 

 

 

同じように干されている幹部がいるから、彼からも情報収集をしよう

 

 

 

 

僕は彼(干されてるやつ)に言いました

 

『〇〇(役員)とちょっ衝突するかもしれない』

 

『社長を味方につける方法を考えよう』

 

 

 

 

すると、

 

 

 

 

彼から思いがけない言葉を耳にします

 

 

 

では