ポンコツから仕事を奪うぞ⑦

こんな会社が潰れました~その270

 

 

 

当たり前ですが、

 

 

 

葬儀社は大手であればあるほど、ライバル企業とのシェア争いのため、

 

 

 

あんた(仕出し屋)はどっちの会社に付くんだい?

 

 

 

みたいな無言の圧力があるので、自分たちで自由に提携先を決めることができません(笑)

 

 

提携先を増やせば、売上は増える

 

 

でも、提携先は納品業者を増やすし、他社への提携はさせない

 

 

 

まあ、どの業種業態でも下請けってのはつらいもんです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まああと、下請けといっても、

 

 

 

どこでも直営業ってやってますよね?

 

 

 

闇営業じゃありませんよ(笑)

 

今更な言葉ですが…

 

 

 

 

 

 

葬儀だと葬儀社から注文が入ることが多いけど、

 

 

仕出し屋なんで法要や祝いの料理などは直接お客様から注文が入ってきます

 

 

 

 

 

 

本来はここを強化していかなくてはなりません

 

 

 

 

 

 

では

 

 

ポンコツから仕事を奪うぞ⑥

こんな会社が潰れました~その269

 

 

 

葬儀社と仕出し屋の話ですけど、

 

 

 

 

葬儀社は仕出し屋何社かと契約をします

 

 

 

 

 

 

それは、まあ、色々理由があり、胡散臭い理由もあるにはありますが、

 

 

 

理由の多くは

 

食中毒で営業停止になったとき、

料理を提供できないリスクを軽減するためです

 

 

 

仕出し屋に割り振るする加減は、付き合いの長さであったり、R(リベート)の多い少ないであったり、融通が利く利かないなど、これまた葬儀社によって異なります

 

 

 

 

 

 

また、それだけでなく、

 

 

 

逆に…

 

 

仕出し屋はそんなに多くの葬儀社と契約が出来ません

 

 

なぜなのか?

 

 

 

まあ、これが葬儀社に関わらず、下請けのつらいところですね

 

 

 

 

では

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポンコツから仕事を奪うぞ⑤

こんな会社が潰れました~その268

 

 

 

R(リベート)の話の続きです

 

 

 

2つ目ですね

 

 

 

会員でないけど亡くなった方が葬儀をする場合

 

 

 

 

 

 

 

 

葬儀社っていうのは特殊な職業なので、誰でも、どこの会社でも始められるわけではありません

 

 

それに、

 

 

まあ、あまり良い話ではありませんが、病院などで亡くなった場合は、葬儀屋が指定されるなんてのはよくあること…

 

 

 

これにも何かしらのR(リベート)が発生しているようですが…

 

 

 

 

 

 

 

なので、まず、葬儀社を選ぶところから制限されます

 

 

 

 

そこから、うちの場合は仕出し屋として承りますが、

 

 

 

 

 

 

ここにも色々な制約があります

 

 

 

 

では

 

 

ポンコツから仕事を奪うぞ④

こんな会社が潰れました~その267

 

 

そもそもですけど、

 

 

 

 

大手からの制約についてです。色々あるんですけど、わかりやすく、

 

 

 

葬儀社についての話にします、

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとかセレモニーとか、どこの県でもあると思うけど、

 

 

2パターンあって、

 

 

1つ目は生きているうちに会員になる人

 

 

 

 

2つ目は亡くなった時にたまたまこの葬儀社を利用する人

 

 

 

 

 

 

1つ目の方は、大手であればあるほど会員が増えていくので、

 

 

葬儀に限らず、冠婚葬祭様々なサービスの紹介ができる

 

 

その方からの注文に対してR(リべート)が発生する

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまでは良いですね

 

 

 

では

 

ポンコツから仕事を奪うぞ③

こんな会社が潰れました~その266

 

 

さて、カタログの金額を安くすることで、

 

 

 

 

 

 

ようやく会議で発言できる

 

ようになりました

 

(誰でもできることなんだけどね)

 

 

 

 

 

 

 

なにせ潰れた会社です

 

 

風評被害というか、畳んだの?と思われて、売上が半分ほどになっている状況

 

 

 

 

とにかく販促を打たなきゃならない

 

 

 

 

 

 

何が有効か?

 

 

TVのCMですか?

 

 

ネットでの広告ですか?

 

 

ちらし折込ですか?

 

 

 

 

実は今まで何もしてなかったんです!

 

 

(ちらしはあるにはあるけど今まで効果なし)

 

 

 

 

 

それはね、

 

 

 

大手の下請けをしているから

 

 

 

売上の2割を支払うことで、営業してくれる

 

 

 

 

それに甘えて何もしなかったから、

 

 

 

いざ売上が下がった時にどうしていいかわからない

 

 

 

 

こんな会社なんですよ

 

 

 

 

では

 

 

 

ポンコツから仕事を奪うぞ②

こんな会社が潰れました~その265

 

 

 

 

 

幸運なことに(会社としては不幸だが)、

 

 

 

 

社名が変わってしまったので、今あるカタログを全部やり直さないといけない

 

実は、僕自身、いつ潰れてもいいように、

 

 

 

 

カタログの在庫状況は半年前から把握していた(まあ、実に当たり前のことなんだが…)

 

 

 

 

 

 

向こう半年に必要な枚数はわかっているから、小ロット発注よりさらに安くできる

 

 

 

 

 

 

あとは、

 

 

 

ポンコツ社員のプライドを傷つけないように、

 

 

 

 

 

『これからネットの印刷は僕のほうでしときますんで!(笑顔)』

 

 

 

 

 

ちょろいもんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、これで、

 

 

 

既存の印刷物を、僕が発注することになりました

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事とったどー笑

 

 

 

 

では

 

 

 

ポンコツから仕事を奪うぞ①

こんな会社が潰れました~その264

 

 

 

 

元役員が1人辞めることは決まっていて、

 

 

それまで販促関係を担っている社員は同格の役職なんで、仕事を奪うことについては、なんとかなると思うのでけれど、

 

 

 

 

基本的に今までの組織を変更しようとしない会社なのでやりにくい

 

 

 

 

 

というものの、さんざん述べてきた通り、

 

 

 

 

 

 

 

当たり前のことを当たり前にできれば、いいだけのこと

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはカタログの発注から仕事を取ることにしました

 

 

 

 

ネットで発注するだけで安くできるので、これについてはたやすい

 

 

 

 

何せ、そいつはネットやパソコンに疎いから笑

 

 

 

 

 

では