自分の立場を守るには⑤

こんな会社が潰れました~その255

 

 

 

 

同じく干されている彼が言いました

 

『〇〇(元役員)は来月末で辞めますよ』

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ、そうなの…

 

 

 

 

よかったー

 

 

 

年上でかつ上司に盾突くのは気が重かったんだ

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ、逆に来月末までは表立って動くことはできない

 

 

 

 

 

 

 

なぜって?

 

 

 

 

辞めるといっても、あくまでも本人は円満退社だと思っている

 

 

あとで揉めるとこれはこれで会社にとっても、僕にとってもマイナスかもしれない

 

 

 

訴えられても困るしね

 

 

 

まあ、いいわ

 

 

水面下でじっくりと自分のポジションを確保しよう

 

 

 

 

では

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の立場を守るには④

こんな会社が潰れました~その254

 

 

 

さっさと新しい社長が、元凶であるこの役員(※新しい会社では役員ではない)を辞めされればいいのですが、

 

直接ではなく、

 

 

今の会社は旧会社の社長の息子に任しているカンジ

 

 

残念ながら、

 

 

 

 

 

この息子は元経営者の息子のクセに

人事センスが全くない

 

 

 

害があってもこの旧役員は必要だと勘違いしている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にっちもさっちもいかない状況…

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず僕の仲間を探さんとな…

 

 

 

同じように干されている幹部がいるから、彼からも情報収集をしよう

 

 

 

 

僕は彼(干されてるやつ)に言いました

 

『〇〇(役員)とちょっ衝突するかもしれない』

 

『社長を味方につける方法を考えよう』

 

 

 

 

すると、

 

 

 

 

彼から思いがけない言葉を耳にします

 

 

 

では

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の立場を守るには③

こんな会社が潰れました~その253

 

 

とにかく旧会社の社長が辞めただけで組織は全く変わってないので、

 

 

 

 

このままでは何もできない

 

 

 

 

 

 

 

同族ではない役員がいると前述したことがあるが、

 

当然まだ存在している笑

 

 

 

 

彼がいるが為に会社はおかしくなり、そして組織は変わらない

   

 

 

元々彼のせいで干されていたんですよ笑

 

 

 

旧会社の社長に散々僕の悪口を吹き込まれた訳です怒

 

 

 

 

前にも言ったけど、

 

 

人間っていうのは、信頼している人の言うことを盲目的に信じる傾向にあって、

 

 

 

課長の僕よりも、役員の言うことを信じるんです

 

 

 

では

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の立場を守るには②

こんな会社が潰れました~その252

 

 

 

 

さて、残りの社員は役員含めて、自分と比べて大したことない

 

 

 

いいやつは辞めた

 

 

 

拾ってくれた社長の目に留まるよう、自分が優位を取るのは難しい話でない、

 

 

 

が、

 

 

 

 

ひとつ問題が…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

干されていたので重要な仕事してない汗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

役職でいくと上から5番目以上のポジションにいながら、

 

 

経理的な仕事しかしていないのでかなり不利…

 

 

 

 

 

どこの会社もそうだと思うが、売上の高い部門を持ってる人間は強い

 

 

 

 

今の組織を少し変えてなんとか重要な仕事を確保しなければ…

 

 

 

 

では

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の立場を守るには①

こんな会社が潰れました~その251

 

 

 

 

本部長の話では、

 

 

 

 

旧会社の社長の息子にはプレッシャーを与えていく

 

 

今いる会社がホテルの会社の子会社になったことで、息子にはホテルの決済から外れてもらう

 

 

 

 

 

ということでした

 

 

 

逆に言うと、こっちの会社は息子に任せているということになる…

 

 

 

 

 

 

改革は進まんなー

 

 

と思うのですが、

 

 

社長や本部長の関心時は息子を中心とした、元創業者の処遇

 

 

 

 

 

 

ということで、僕らは結構自由じゃん

 

 

 

 

ただ、業績は悪化している真っ最中

 

 

そして創業者の処遇が何年後になるかわからないけど、いずれは社員に目を向けられる

 

 

 

 

 

 

 

 

その時までに俺の地位を固めておきゃなきゃ

 

 

では

 

 

 

 

 

 

 

総支配人がナンバー2⑥

こんな会社が潰れました~その250

 

 

 

 

唐突ですが、この状況を客観的にみた僕は、

 

 

 

 

 

 

逆に、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうちょっとやってみようかな、という気になりました笑

 

 

 

 

 

 

 

 

本部長のやり方をみて、

 

肯定的にいうと、

 

 

この人は他人に仕事を任せるプロなんだ

 

 

 

 

 

資金面の猶予は必要だと思うが、逆に言うと、ギリギリまで手持ちの駒を使うタイプなんだ

 

 

 

と直感しました

 

 

 

 

 

 

 

ということは、どういうことなのか?

 

 

 

 

 

新たに本社から出向してくる上司は当分来ないということです!

 

 

 

 

この人もサラリーマンだ

 

僕は確信をもって、

 

 

今の会社のメンバーで仕事するなら

 

 

転職するより楽じゃね?!

 

 

 

では

 

 

 

 

 

 

総支配人がナンバー2⑤

こんな会社が潰れました~その249

 

 

 

倒産後、僕自身は会社の損益状況とか、先に買収されたホテルの動向とかを知っていて、

 

 

 

 

 

別会社になったとはいえ、未だに、

 

ホテルの利益で食わしてもらっている

 

 

 

という認識以外、新会社の情報があまりにも少ない…

 

 

 

 

 

 

 

おまけに、1年経ったホテルでも、さほど改革は進まず、宿泊以外の売上は減少している

 

 

 

 

創業者の息子は部長に格下げだが、まだ実質的なトップ、

 

 

また、旧会社の役員がいまだに幅を利かしていて社内の雰囲気も悪い

 

 

 

 

 

ホテルが先に買収されて、残った会社に借金を負わせて倒産

 

その後、拾ってもらって感謝してますが、

 

 

 

なーんか他人事なんだよね

 

 

 

 

では